食の安全・商品基準

食の安全への取り組み

安心で安全、そして美味しいというのはあたりまえ。
生活協同組合ナチュラルコープ・ヨコハマでは独自の商品基準を策定し、取り扱う商品を決めています。組合員の健康と生活に良くないからということはもちろんですが、地域で頑張っている生産者のためでもあり、私達が住まう環境への配慮でもあります。

  1. 1できるだけ農薬や化学肥料、抗生物質に頼りません

    組合員の安全・安心と環境のため、
    頑張って作ってくれる生産者を応援するために

    食品選定基準

  2. 2食品添加物・化学調味料等、安全と言われるものでも過剰に利用・使用しません

    一般的な加工品の多くは、日持ちや色、食感などを良くするための食品添加物や化学調味料などが使われています。組合員の安全と安心な生活のため、「安全」と言われている化学物質でも過剰に利用・使用はしません。

    食品添加物基準

  3. 3食品放射能ガイドラインは国の基準の約半分を目安に

    国の基準は外部被曝を考慮していないためナチュラルコープ・ヨコハマでは独自の食品放射能ガイドラインを制定し、基準値は国の基準の半分を目安にしております。その上で被曝量は可能な限り抑えるべきと考え商品の選定には最大限の努力を払います。

    放射能ガイドライン